クレジットカードって必要?クレカを持つメリット・デメリット

お金

クレカって必要?

今までクレカを作ったことのない人からしたら、クレカって必要かわかりませんよね。

なくしたとき怖いとか、個人情報抜き取られそうとか、色んなイメージがあると思います。

今回はそんなクレジットカードを持つ必要があるのか、メリットやデメリットを紹介しながら説明していきたいと思います。

クレカを持つメリット

あらゆる決済が楽になる

あなたはamazonや楽天をよく使いますか?

通信販売を使うなら絶対にクレカは便利です。

いちいちコンビニに行って振り込んだりする必要がないんですから。

それに支払いが確定してから配送するってこともありますが、クレカならその場で支払いが完了するので商品がすぐに届きます。

通販以外でも、レジでごちゃごちゃ現金を探したり、お釣りをしまったりする手間が省けます。

会員制のものの支払なんかも当然クレカが必要になってくる場合が多いですね。

会員登録に必要な場合がある

会員登録にクレカが必要となる場合は多いですね。

無料会員の登録の場合でも、企業としてはそのまま有料会員にしたいのでクレカが要求される場合が多いです。

ポイントが付く

大抵の人は何かしらポイントカード持ってますよね?

クレカも同様にポイントがたまります。しかもどこのお店で使っても、です。

たしかに普通のポイントカードよりはポイントは付かないかもしれませんが、どこのお店でも貯まるっていうのは大きなアドバンテージです。

よくクレカを使うようになったら意外とポイントが貯まってて驚きますよ!

セキュリティがしっかりしてる

現金だと盗まれたら基本どうしようもないですよね。

クレカなら電話一本で使われないようにしてもらえます。

怪しい利用があった場合も電話してきてくれるので安心です。

どれくらい使ったかわかりやすい

あなたは先月いくらお金を使ったか、はっきりわかりますか?

クレカなら自分がいくら使ったのか、明細があるのではっきりわかります。

しかも最近はスマホで確認できるのでとても便利です。

海外での買い物に便利

海外に行く際、毎回通貨を両替しないといけないですよね。

クレカがあっても、ある程度は両替しとかないといけませんが、両替する額が少額で済みます。

海外の通貨があまり余らなくなるので便利ですよ。

しかも海外で大金持ち歩くという危険な行為もしなくて済みます。

他には、現金が足りなくなったらキャッシングで引き出せますし持っておいて損はないでしょう。

クレカを持つデメリット

自分が持つ以上の額を使えてしまう

これが一番怖いところですね。

クレカにも限度額というものがありますが、それでも大体10万円くらいは使えてしまいます。

まぁそんなの自分で気を付ければ済む話なんですが、後先考えず欲に負けてしまう人はあまり使わないようにした方がいいかもしれません。

限度額がある

最初のデメリットとは逆のパターンですね。

自分がいくら現金を持っていても、限度額以上は使えません。

もちろん限度額は設定できるんですが、一応審査などがあるのでそれをパスできなければダメってことになります。

まぁ審査通らなかったら新しく別のカードを作ればいいんですが。

年会費がかかる

カードはによっては年会費がかかります。

もちろん、楽天カードのように年会費無料のカードも少なくないですし、一定の条件を満たせば年会費が無料になるようなカードもあります。

ただ無料のカードだと受けられる恩恵は小さくなります。

まぁ基本的な機能に関しては変わりないので、特別なサービスは不要って方は年会費無料のカードを作ればいいと思いますが。

まとめ

メリット・デメリットはざっとこんな感じですかね。

作る前は不安になるかもしれませんが、とりあえず1枚作ってみればいいじゃないかと思います。

自分には合わない、いらないって思ったら返せばいいんですからね。