【フランス】「鷲の巣村」エズとは!?

フランス

エズとは?

エズとはフランス・コートダジュール地方にある小さな村です。

場所を更に詳しく言うと、フランス南西部のニースとモナコの間あたり。つまりかなりイタリアに近いところになります。

崖のような上にエズ村があるので、エズ村からの景色はまさに絶景!

村の中自体もインスタ映えするカワイイ建物が並んでいます。

そのため小さな村ながら多くの観光客が訪れています。

とくにアジア人から人気なようで、一番見晴らしのいい頂上のような場所はアジア人で溢れかえっています。

というか知り合いのフランス人の先生はエズのことをご存じなかったので、西洋人にはそんなに知られていないのかもしれません。

観光スポットは?

正直、自分が言った感想としては「これ!」といった観光スポットはありません。

村全体が映えるスポットではあるんですが、行く場所となると頂上の植物園くらいでしょうか。

植物園からの景色は素晴らしく、大体の人は植物を見るというより景色を撮っています。

ちなみに、植物園はたしか学生料金があったはずですので、学生の方は申告を忘れないようにしましょう。

学生証を忘れても、その旨を伝えれば多分なんとかなります。

あとはまぁ協会も綺麗です。インスタ映え狙いのアジア人ばかりのせいか、協会には全然人が入っていませんでしたが。

お土産もとくにないんですが、アート作品を売っているお店が多いです。

レモンの町マントンが近いのでレモンの芳香剤的なものを売っている店もありましたね。あとはマルセイユ石鹸も売っていたかも。

そんな感じで女性の方は喜びそうな景色があるんですが、男性だけで行くのには向かない気がします。

アクセスは?

観光客の場合、基本的にはバスか電車になると思います。

電車

はっきり言って電車はやめた方がいいです。

電車で行くと海岸沿いに出るんですが、そこからが大変なんですね。(笑)

本数の少ないバスを待つか、ニーチェの小道と呼ばれる山道を登るかの二択になります。

ニーチェの小道ははっきり言って無茶です。マジで山道です。

僕は帰りに下ってみたんですが、かなりしんどかったです。道が全然整備されていないんですね。

そのうえ結構距離があります。

上りとなると軽い登山です。すれ違う人はみんな死にそうでした。

ニーチェの小道を行く場合は、絶対に事前に水分を買うのを忘れないようにしてください。(笑)

という感じで電車の利用はやめた方がいいです。

バス

基本的にはニースからのバスになると思います。

112番か82番のバスで行けたはずですが、乗る前に確認しておきましょう。

観光シーズンでしたら、乗ってるうちに一気に乗客が下りるバス停があると思うので、そこで降りれば大丈夫です。

ただ注意する必要があるのは、ニースのバスターミナルは町の中心部から離れている、ということ。

トラムに乗ってVAUBANで降りるんですが、目の前にバスターミナルがあるわけではなく、少し歩きます。

事前にルートを確認できるとベストですが、必ず時間に余裕をもって行動しましょう。

観光の所要時間は?

エズ町はホントに小さな村なので、観光にそんな時間はかかりません。2~3時間もあれば十分でしょう。

あとは絶景を眺めながらランチを取ったり、お茶したりして、モナコやらマントンに向かうといいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしょうか。

写真についてはまた余裕があるときにでもアップできればなと思っています。

少しでもこの記事がお役に立ってくれればうれしいです。