海外で安くて美味しいレストランの見つけ方

留学・海外旅行

海外旅行をしたとき、いいレストランを見つけるのは難しい

旅行で美味しいレストランを見つけるのって難しいですよね。

海外旅行となると、ハードルは更に高くなります。

土地勘がないから観光地付近をぶらぶらするけど、高いし、メニューは何かいているかわからないし...。

そんな経験あるんじゃないでしょうか。

今回は、そんな難しいレストラン選びを今回はお手伝いできればな、と思っています。

レストラン選びのコツ!

観光地中心部のレストランは避ける

今までいろんな国のレストランに行ってきましてが、観光地付近のレストランは総じて質が低いです。

というより、コストパフォーマンスが悪い。

土地が高いので、その分料理にかけられるお金が少なくなってしまうので、仕方ありません。

エッフェル塔を見ながら美味しい食事をとりたい、その気持ちはよく分かりますが我慢です。

どうしてもという方は、レストランではなくカフェでコーヒーとデザートくらいにしておきましょう。

また観光地中心部で注意してほしいのが、客引きとサービス料。

客引きの人は日本人を引き寄せるために「こんにちは!」とか日本語で話して強引に連れて行こうとしますが、そこまでしないと客の入らない店、ということでもあります。

もちろん、全部が全部悪くはないと思いますが、極力避けましょう。

また、サービス料も注意しましょう。

日本ではあまりないかもしれませんが、サービス料が別に追加で請求されるということは多々あります。

看板のメニューの値段が安かったからといって、油断してはいけません。

僕はそんな高くないエッフェル塔のレストランでカードの手数料とサービス料で10ユーロ(1000円)以上取られました。

割合で言うと、注文した額の25%くらいです。

ヨーロッパではアジア人ばかりの店は避ける

まず当然のことですが、いいレストランは地元の人の方が良く知っています。

逆に言えば、地元の人が少ない店というのは微妙かもしれません。

そしてそういう店にたくさんいるのが、客引きに乗せられたアジア人。日本語や中国語のメニューがあると言われてホイホイついていってしまうんですね。

ちょっと町はずれの、地元の人でにぎわっている店を探しましょう。

日本人で言葉がわからなくて不安かもしれませんが、何とかなります。

今はgoogleを開いてメニューの写真を取れば全て日本語に訳してくれるので。

分からなくても、そのまま検索すれば写真も料理の写真も出てきますしね!

ちなみに、フランスではPlat du jour(プラ・デゥ・ジュール)を頼むといいかもしれません。日本語で言うと、今日の料理見ないたもの。

大体あるので、これを選んでおけばハズレはしないかなと。

GoogleMapを活用する

日本でお店を探すとなると何を使いますか?

食べログでしょうか?それとも適当にぶらつく?

海外でレストランを探すとなると、僕のおすすめはGoogleMapです。

レストランと調べたら付近のレストランをたくさん検索結果を出してくらます。

そしてレビューも出てきます。

しかもどの国の人も使っているので、レビューや評価も多い!

そこで評価を調べれば、大体いいレストランかわかります。

ガイドブックは悪くはない、まとめサイトはあてにしない

ガイドブックはどう?って声もあるかもしれません。

ハズレはないと思います。

ただ今まで行った感想だと、少し偏りがあるかな、と。

というのも、外れない万人受けする店を載せるために、少し高めになってしまったりするんですね。

お金に余裕があって、とりあえず美味しい店に行きたいという方は行ってみるといいかもしれません。

逆にまとめサイトはやめた方がいいでしょう。

はっきりいって、ほぼ何かのパクリです。

要は自分の足で行って、自分で調べてないんですね。

行っても1回くらい、一つのメニューを頼んだだけ。

それで何が分かるの?って話ですよね。

同じ理由でインスタもどうかなと思います。

インスタはどうしても見た目重視になってしまうし、わざわざ不味かったーって言ってくれる人も少ないです。

注文されるメニューにも偏りがありますし。

ただ、あのオシャレなやつを注文したい。みたいな人は有効活用してもらっていいんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

個人的に一番重要なのは、最初の観光地は避ける、というもの。

お金に糸目は付けない、ロマンチックな方がいい、そういう人は別ですが、美味しいくて安いレストランを見つけたい方は受け入れましょう。

今回の記事が少しでも役に立っていただけると嬉しいです。