【大学はオワコン】ホリエモンの言うことは正しいのか?本気で考えてみた

コラム

ホリエモンとは?

ホリエモンといえば元ライブドア社長。

今でこそYouTubeや本、またはテレビの人みたいなイメージですが、実は日本の一時代を築いたといっても過言ではないほどの天才です。

最近のインフルエンサーでもはっきり言ってホリエモンをあがめていない人はいないんじゃないかってくらい。

そしてホリエモンと言えば、過激ともいわれるくらい意見をズバズバいう人で有名です。

でもホリエモンの意見は正しいんでしょうか。

たしかにホリエモンは東大に入学するくらい頭はいいですし、仕事もできます。

そんなことの言うことは100%正しいと思うかもしれません。

でも結論としては、私は何もかも信じるのはダメ、そういう風に考えています。

では少しずつ具体的に見ていきましょう。

「大学はオワコン」はある意味で正しいかもしれないが...

大学の時代は終わった、大学なんて行く価値ない、そんなことを言う人が増えています。

それって実際どうなんでしょうか。

個人の意見として、間違いとは言えないが正しくもないと思います。

具体的に理由を述べていきたいと思います。

教育機関としてはイマイチ

はっきり言って、大学教員って別に教えるの上手くないです。

確かに大学教員って専門知識は持っていると思います。

でも大学生には自分の専門以外も教えたりします。

更にいえば、1つの講義で教えられる内容なんてたかが知れています。

どれだけ教員が優秀でも意味がありません。

結局、専門性を高められるのは自分で勉強した人だけになります。

また、大学に行ったからと言って実生活に使えることが学べることは稀です。そういう機関ではありませんので。

そのため、いい大学を出たからと言って、必ずしもいい起業に入れるわけではない、というのは正しいと思います。

大学に行った場合と行かなかった場合で収入は?

これも多分、重要な問題です。

たしかに大卒の方が給料は平均して高いです。

でも大学に行かないと稼げないというわけではありません。

高卒や中卒でお金持ちの人なんてゴロゴロいます。

平均すれば大卒の方が高いが、逆転される可能性は大いにあります。

ただ、大学は大きなリスクヘッジになる

現代社会の根本は信頼で成り立っています。

その中で大卒というのはやはり大きな担保になります。

高卒ですが年収5億です。そういう人ならば信頼されるかもしれません。

でも例えば事業に失敗したとかで、無職の人がいたとします。

その人が高卒と大卒で同じ目で見られるわけありませんよね。

これは主観の問題だけでなく、実際に色々な機関で判断基準の一部になっていると思ってください。

大学はリスクヘッジの機関としては優秀なのです。

起業してお金を稼いでいる人は大卒が結構いる

なんか起業家って、大学卒業してないけど天才、みたいなイメージ無いですか?

でも実際はそんなことないです。

そういう人に注目があつまるだけで、実際は有名大学を出ているパターンがほとんど。

ホリエモンだって中退ですが、なんだかんだ東大です。

地頭いいとか、縦のつながりとか色々理由はありますが、やはりこれが現実なのです。

考えてないで行動しろ、はまあまあマジ

ホリエモンの代表作、『多動力』。

その一貫した主張として、さっさと行動しろよ、というものがあります。

これはまぁ間違いないと思います。

人間は新しいこと避ける癖がある

人間には基本的に新しいことを始めるのを嫌います。

それは、新しいことを始めるのはリスクを伴うから。

新しいことをしない方が安全だというのが本能レベルで刻まれているんです。

なんか2秒以上考えると人間行動しない理由を考え出す、みたいなの聞いたことありません?

みんなそんな感じなので、ちょっと行動するだけで差がつくわけです。

失敗したからと言って死にはしない

何かやって、それに失敗したからと言って普通は死にはしないです。

まぁもちろんヤクザとかが関わってるなら知りませんが。

例えば起業して、失敗して、借金したとしても自己破産という手があります。(ただ保証人にはダメージが行きますが)

そして仕事も金もなくても、この国には生活保護というものがあります。

基本的に、命だけは守られるんです。

まぁ多くの人がアクションを起こすといってもたかが知れているので、行動力はある方がいいです。

ちなみにですが、このまずは行動した方がいいというのは、実はずっと前から言われ続けていること。

世界史で習うマキャベリの『君主論』にも、慎重であるより果断である方がいい、ということが実際に載っているほどです。

その他の意見に関して

ホリエモンはその行動力から、色々なことに関して見識を深め、また口を出しています。

それらに関しては実際どうなんでしょうか。

答としては、話半分に聞いておくのがいい、ということになります。

まず、ホリエモンは大体、専門家の意見を聞きます。そして自分でも本を読むなりして事実をつかみに行きます。

つまり、多くの場合、大筋は間違っていない場合があります。

一方、逆に専門家でもないので、わざわざ意見に関して精査しません。

自分が正しそうだと思ったことを徹底的に主張します。

ここに一つ落とし穴があると思っています。

それはバイアス。とくに確証バイアスです。

これは自分が正しいと思ったことを証明する根拠ばかりを集めようとしてしまう人間の癖です。

もちろん、ホリエモンも例外なくバイアスがかかっています。

もちろん、私にもいろんなバイアスがかかっているので、今回のタイトルは控えめな表現が多いのです。

結論:なんでもかんでも信じるな

結論としてはこうなります。

世の中には信者というものがいますが、別に全否定するわけではありません。

でも、あの人が言ってるから正しい、ということはないのです。残念ながら。

個人的には、なんでもかんでも信じるべきではないし、疑わしいとき、他の可能性も考えてみて必要に応じて主張を変えることも大事だと思います。