英語が聞き取れない原因は?練習法は?

英語

なぜ英語が聞き取れないのか?

日本人なら誰しも思ったことがあるはずです。

英語が話せるって、かっこいい。

でも日本人の多くが挫折します。

英語が話せる話せない以前に、英語が聞き取れないから。

英会話なんて正直、実践練習で身に着けるのが早いと思いますが、それができないシャイな人々のために今回は、英語が聞き取れない原因とその練習法を紹介します。

英語が聞き取れない原因

単純な知識不足

これは常識のようで意外とできていない人多いですよ。

そもそもネイティブが使う表現や単語を知らないということが第一に挙げられます。

高校なんかで読む英文の単語と実際に会話で使われる表現は違います。

たしかに、あなたは英語で環境対策に関する論文を読むことができるかもしれません。

でも、自分の部屋のものとその配置、全て英語で詳細に説明できますか?

そして実際によく会話で出てくるとしたら、どちらなのか。

また単語を知っていてもリスニングや発音の知識が不足しているということも多々あります。

日本語では1文字につき必ず一つの発音が伴うのですが、英語は違います。

ある程度の法則はあるものの、基本的には一つの単語に1つの発音です。

もっと言えば、文章全体を見ると発音が変わるということもあります。

これについては、リンキングやリダクション、フラッピングなどがあります。

子音を発音しなかったり、子音で終わる単語が母音で始まる次の単語に影響されたり、といった感じのものです。

具体例を挙げるなら、”good bye”を「グッドバイ」と発音せず「グッバイ」のような発音をするとか、”can I”を「キャナイ」みたいに発音することです。

更に詳しい解説はまた別の機会に出来たらいいな、とは思っていますが、今すぐ気になる人は調べてみてください。

ちなみに、リンキングなどの言葉が使われているか不明ですが、参考書にもたまに載っています。

ベストセラーの『英語耳』にも載っていました。

更にちなみにですが、人気の予備校講師の関正生先生はよく、「弱形」というものを解説しています。

単語そのものには複数発音がある場合があって、ネイティブが日常会話で使う発音は私たちが学校で習ってきたものとは違うんですね。

これもよかったら調べてみてください。

へー!ってなって結構面白いですよ。

英文の理解が遅い

ある程度本格的に勉強した人ならわかるかもしれませんが、英文の理解が遅ければネイティブのスピードについていけません。

当然ですよね。

でもこれは英文を返り読みしない練習や、市販の教材でも簡単に対策できると思います。

単語は大体聞き取れるんだけど、英文全体で何を言っているのかわからない、みたいな人の問題はこれかもしれません。

日ごろから英語に触れ、英語の理解スピードを向上させましょう。

生きた英語を聞く機会が不足している

もしかしたらあなたは、高校時代はリスニングが得意だったかもしれません。

でもネイティブはCDに音声を吹き込むために会話しているのではありません。

そのため、他に何も聞こえないような静かな環境で、めちゃくちゃ明瞭な発音で話される英語を聞く機会なんて滅多にないです。

こっちはネイティブじゃないんだから向こうが合わせてくれるなんて大間違いです。

日本人だって、相手が外国人だからって急にアナウンサーのしゃべり方のようになる人はそんないませんよね?ていうか出来ません。

当然、生きた英語を聞く機会が必要になるわけです。

でも何も、街中に行って知らない外国人に話しかけろ、なんて言いません。

今はネットで検索すれば簡単に日常会話なんて聞けます。

ユーチューブなんかもとても便利ですね。

更におすすめなのはオンライン英会話ですが。

こうしたものをガンガン利用しましょう!

練習法

英語で書かれた本を読む

さっきも言った通り、日常で使われる語彙と高校で習う語彙は必ずしも一致しません。

そのためにまず本を読みましょう。

とくに絵本はおすすめです。

日常的な表現がたくさん含まれていて、なおかつ内容が簡単で理解しやすいからです。

もちろん子供の話す言葉遣いにならないために本のグレードを上げていくことは大切ですが、まずは絵本を大量に読みましょう。

YouTubeを見る

先ほども言った通り、生きた英語を聞くことが不可欠です。

もちろんリスニングの教材なんかも役立ちますが、日本人向けの教材は正直、初学者向けの簡単なものが多く練習になりません。

そこで最高なのがYouTubeです。

無料で使えて内容が豊富ですからね。

もちろん市販の教材の方が分かりやすく使い勝手がいい場合が多いので、そこはうまく使い分けていきましょう!

オンライン英会話

先ほども書いた通り、YouTubeよりおすすめなのがオンライン英会話です。

そりゃ一方的に話されるのを聞くより、会話の方が明らかに早く英語は身に付きますよね?

いやお金かかるし自分は聞き取れればいいのでって人、ちょっと待ってください。

自分が正しく発音できないものを正確に聞き取るって、なかなか難しいですよ?

仮に聞き取れたとしても、それは大抵、聞き取れたつもりなだけ。

その聞き取りには大いに推測が含まれていて、リラックスした状態や他の作業中に聞き取ることが難しくなります。

体験無料のことも多いので、騙されたと思ってやってみることをお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか。

ネットや本には色々な情報があると思いますが、どの方法でやるにせよ、一番大切なのは継続です。

簡単に身に着くものではないと思ってください。

では、この記事を参考に頑張ってください。