クレジットカードの選び方

お金

クレジットカードを選ぶ基準は?

大学生以上の人はクレジットカード作った方がいいよって、めちゃくちゃ言われてきたと思います。

世の中もキャッシュレスだなんだと騒いでいますしね。

実際、このサイトでも作った方がいいですよーって散々言ってきました。

でもクレジットカードって初めての方にはいまいちよく分からないですよね。

今回は何を基準にカードを作ればいいか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

新入生の方、新しいカードを作りたい方、そしてクレカ持ちなと言われるのにうんざりした方に必見です!是非最後までご覧ください。

カード選びの基準

決済ブランド

まずは決済ブランドを考えましょう。

決済会社とはvisaとかmastercardとかのことです。国際ブランドなんていう風にも言いますね。他に有名なものとしてはamerican expressやjcbなどがあります。

楽天とかヤフーとかみたいな発行会社とは違うので注意してください。

その決済ブランドですが、結論からいえばvisaかmastercardを選べば十分です。

その理由について書いていきたいを思います。

そもそも決済ブランドで何が変わるか、というと一番はどこで使えるか、という点です。

大きいお店ですと大体どのブランドでも問題はないんですが、小さいお店や海外になると話は別です。

とくに海外ではvisaとmastercardの二社しか扱っていないお店も多いです。

どうせなら使えるお店が多い方がいいに決まってますよね。

今回挙げた二社はクレカが使えるところならまず使えます。(中国は不明)

オリンピック関連で使えるクレカもvisaのものだけですね。

ちなみにですが、jcbは日本の決済ブランドで日本向けのサービスが多いです。その代わり、海外ではイマイチ普及しきれていないところがある印象です。

american expressは、アメックスとよく呼ばれます。もともと高所得者層向けのイメージが強く、サービスが手厚い代わりに年会費が高いものが多い印象です。

年会費

クレジットカードには年会費がかかるもの、無料のものがあります。

当然、有料のカードの方がサービスが手厚くなります。

ただ若い人やカードをあまり使う予定のない人は極力無料のものを探しましょう。

クレジットカードに付帯するサービスって、正直扱い辛いものが多いんですよね。

もしカードのヘビーユーザーでポイント還元を考えたら有料の方が結局お得、みたいな場合を除いて、有料を選ぶメリットはあまりないです。

もちろん、年会費を払った方がサービスは良くなるので、お金が余るほどある人は有料でもいいと思いますが。

還元率

これはカードに馴染みのない人には少しわかりにくいのでは?

還元率とは、支払ったときにどれくらいポイントがつくか、ということです。

スーパーとかのポイントと基本的には同じように考えてくれてOKです。

還元率は高ければ高い方がいいですが、基本的に大差はないです。

非接触決済

これは海外であると便利な機能です。ただそこまで重視する機能でもないですが。

suicaみたいにタッチで簡単に決済できるもので、欧米だと一般的になっています。

海外行かないよーって方は、スマホにカード情報を取り込んでIDやQuic payというもので日本なら同じように決済できます。

ただ海外と日本の規格が違う関係で、IDやQuic payが海外で使えない場合も多いです。

カード自体に非接触決済の機能がついていると、そうした可能性は極端に減るので便利です。

ちなみに非接触決済ができるかどうかは、基本的にwi-fiマークを横にしたようなマークがカードに書かれているかで判断できます。

「今入会すれば、~ポイント還元」に乗らない

よく入会するだけでポイント還元みたいな広告ありますよね。

あれ、基本的には無視した方がいいです。

あのタイプの広告に多いのは、実際は入会したら○○ポイント、更に○○円買い物したら○○ポイント還元って感じで、全額分ももらうとなると条件が結構厳しくなります。

よほど慣れている人じゃないと条件クリアは難しいので無視してください。

学生(~歳以下)限定

ちゃんと探せば結構学生限定や若者限定みたいなカードが多いです。こうしたカードは基本的に、何もしないと数年したらそのまま一般のカードに移行されます。

こうしたカードは誰でも作れるカードよりも条件が良くなっています。

その理由は、とりあえず作らせてそのままカードを年をとっても使わせ続けさせたいという企業の狙いがあるからです。

ただこちらとしては、学生限定のカードから一般のカードに移行されるときにカードを返せばいいだけなので、特に大きなデメリットはないです。

結論: visaかmastercardの学生限定カードを作れ

上に挙げたような理由で、visaかmastercardの学生限定カードを作ればいいです。(もちろん学生なら、の話ですが)

まぁ他にこのカード作りたい、なんかみたいな時もあると思います。

そんなときもこの記事が参考になれば幸いです。