10万円以内でヨーロッパに海外旅行に行く方法

留学・海外旅行

「海外旅行は高い」はウソ!

海外旅行は高い、そう思っていませんか。

実は最近ではそうでもないんです。

もちろん、台湾や韓国なら安いよ!っていう話ではありません。

ヨーロッパでも10万円以内で行けるんですね!

これは航空券だけの話ではないです。ホテル代なんかも含めて、です。

では、実際にその方法を見ていきましょう。

安くでヨーロッパに行く方法

一人で行かない、大勢で行かない

一人で行くと、他の人のこと考えなくていいから安くで行けそう。

これは間違いではないです。

ただ一人で行くと一つ問題があるんですね。

それは、ホテルの問題。

旅慣れている方なら、知らない人と同じ部屋で寝ることになるホステルでも問題ないかもしれません。

でもこの記事をご覧になっているということは、多分あなたは海外旅行に慣れていないのではないかと思います。

海外旅行に慣れていない方は、ホステルに泊まるのは不安ですよね。

でも、ホテルは高いですよ。とくに一人だと。

それは、一人用の部屋ってなかなか無いからなんです。

基本はダブルやツインの部屋になるので、こういう部屋を借りればホテル代を抑えられます。

だからと言って、あまり大勢はやめた方がいいです。

色んな人がいると、気を使わなければならなくなり、結局高くつきます。

気の合う、そしてある程度我慢強そうな方と少数で行きましょう。

航空券は往復で検索する

航空券を取るときに有名なのは、アジアや中東経由で取ると安いってこと。

これは間違いなく正しいです。

でもこれは検索したらすぐわかります。

それよりも検索する時点で重要なことがあります。

それは往復や周遊(複数都市)でチケットを検索する、ということ。

周遊(複数都市)というのは、行き都市と帰る都市が違う時に使います。

往復や周遊で取った方が片道より安い場合が多いです。

またそもそもいつのチケットを取るか、ということなんですが、経由地や使う航空会社の国の大型連休を外した方が安くなります。

例えば、日本人の感覚だと3月より2月の方が安そうですが、春節が2月にある中国では逆になります。

まぁここら辺は融通が利きづらい方は無視してもらって構わないです。

チケットの予約は早い方がいいですが、キャンペーンなんかもチェックしておきましょう。

ちなみにですが、僕は3月のヨーロッパ往復のチケットを1月ごろに5万円で購入できました。

夜行バス、夜行列車を利用する

海外旅行でお金がかかる一つの要因が、滞在先での移動。

ヨーロッパであればユーレイルパスのような、鉄道チケットが安く買えるパスもあります。

でもこれは移動がめちゃくちゃ多くないと元を取れません。

そこで便利なのが、夜行列車や夜行バス。

これなら当然ですが、交通費が安くなるだけでなくホテル代も浮きます。

あまり多用しすぎると疲れて肝心の旅行が楽しめない、なんてことにならないように、毎日利用するのは避けた方が無難でしょう。

また移動に関していえば格安航空という手もあります。

このメリットとしては、長距離の移動なら鉄道よりはるかに安く、しかも速いこと。

もちろん、検査などで搭乗前に時間が取られたり、遅延で乗り継ぎに失敗したりする危険もあります。余裕を持ったスケジュールを組んだ方が良いでしょう。

学生なら学生証を持参

ヨーロッパに行くと、美術館に行くことも多いかと思います。

そんな時に便利なのが、学割。

学割で安くなるところは多いです。

そんな時、国際学生証でなくてもいいので、学生証を持っておきましょう。

日本の学生証でも結構学割を適用してくれます。

まぁパスポートで年齢が確認できるので、学生証がなくてもパスポートで学割を適用してくれるところは多いですが。あるに越したことはありません。

ちなみに、わざわざ学割があるかどうかを外国人の私たちに親切に教えてくれるとは限りません。

事前に知らべるか、その場で尋ねてみるのがよいでしょう。

クレジットカードの付帯サービスなどをチェックする

海外に行くとなると、『地球の歩き方』などを購入する方も多いと思います。

こうしたガイドブックについている広告の割引をチェックする方は多いと思いますが、意外と見落としがちなのが、クレカのサービス。

海外旅行保険を代表に、wi-fiのレンタル割引なんかがサービスで提供されているカードもあります。

予約を取る前はチェックしてみると良いでしょう。

wi-fiはシェア、大容量プランは必要ない

海外に行くとなると今の時代、スマホが手放せないと思います。

そこで一番安上がりで済むのがおそらく、SIMカードのレンタルです。

SIMカードと聞いてよく分からない、という方はwi-fiをレンタルした方がいいと個人的には思います。

格安SIMを普段使っている方、どうしても安く済ませたい方は調べてみてください。

ここでは多くの人が取るであろうwi-fiについてです。

まず一番重要なことは、1人1つは必要ない、ということ。長期で滞在したり、単独行動の予定があるなら別ですが。

基本的にはシェアしましょう。

また容量に関しても、大容量プランはおそらく必要ないです。

もちろん、シェアする人数にもよります。

ただ、地図情報を事前にダウンロードしたり、スマホの設定を見直してバックグラウンドで余計な通信をさせないようにしたり、動画や音楽をストリーミング再生しないようにしたりすれば、そこまで容量は必要ありません。

あとはガイドブックやクレカの割引などがあれば、それをうまく利用するようにしましょう。

まとめ

今回は、安くでヨーロッパに行ける方法を紹介しました。

他にもいいアイディアがあれば、どんどん追記していきたいを思います。

海外に旅行予定のある方、行きたいけど悩んでいる方の少しでもお役に立てばうれしいです。