kindle端末ってぶっちゃけどう?実際に買って使ってみた感想

kindle専用端末は本当に必要なのかという問題

これ、悩みません?

kindle読むのに別に専用端末必要ないんじゃない?みたいな。

正直、kindleなんてスマホかタブレットあれば読めるし、わざわざ荷物増やしてまで専用端末を持つ必要あるんですかね。

そんなこと僕も思ってました。

でもなんか友達が持っているのをみているうちに欲しくなり、ついつい手を出してしまいました。

せっかく買ったので、その感想を記事にしたいと思います。

購入したのはkindle paperwhite

購入したのはおそらく最もポピュラーなペーパーホワイト。

その広告付きwifiモデルになります。

ザックリ機能を説明すると、まずスマホのkindleアプリでできることは大体できる。

防水がついていて、画面はモノクロ。画面は明るさの調節機能がついています。

kindle以外の電子書籍やアプリは利用不可です。

スマホとの差は?

一番気になるところかと思います。

まぁまずモノクロなので、色付きの本を読む方は気になるかもしれませんが、小説などを読みたい方は問題ないと思います。

そのモノクロという点を差し置けば、画面はkindle端末の圧勝ですね。

特殊な画面を採用しているだけあり、本当に画面が本のページのような感覚。

スマホとかってずっと見続けてると明るすぎて目に悪そうだなーとか感じてたんですが、これなら問題なく就寝前でも読めそう。

スマホで読書が苦手だなーって感じる方はマジでおすすめです。

また軽さも良いですね。

スマホとかタブレットってずっと持っていると結構重さ感じてくるんですよね。

とくに小指を使って支えたりするのはあまり良くないみたいなので、軽いに越したことはありません。

kindle端末は重さがない、とは言えませんが片手で持っても結構軽いです。

例えるなら外国のペーパーバックよりは重いけど、普通の本よりは軽い感覚。

そしてkindle端末の良いところ3つ目は、少し細かいかもしれませんが、スマホを目にしなくていいとこなんですね。

よくkindle端末に関する記事を見ると、通知が入らないから読書に集中できるっというのを目にします。

間違いではないんですが、実際はそれ以上の効果があります。

私たちってスマホでゲームとかTwitterとかいじっているせいで、スマホが目に入るだけで集中力が散漫になるんですね。

例えるなら、ニンテンドーswitchで読書や勉強ができますって言われても、ついゲームしたくなっちゃいますよねってこと。

その意味で、スマホを目に入れず電子書籍を読めるアイテムは強いです。

ちなみに、少し難しい英単語とかを文章の横に自動で表記してくれる機能があります。

辞書機能も付いているので、洋書を読みたい人は、他に辞書を用意する必要もないところアドです。

広告は気になる?

正直、まったく気にならないです。

というか、どれが広告?ってレベルでわからないです今のところ。

多分、ロック画面のお気に入りの一冊を見つけようとかがそうかもしれないんですが、全然違和感がないです。

イメージとしては、家電量販店で置いてある見本の画面みたいな感じで、広告感が薄いです。

もしかしたらkindle unlimitedを退会したら別の画面が出てくるのかもしれないですが、この本読みな!みたいな広告が出てくる感じではなさそうですね。

気になる部分は?

若干反応が遅いかなーって感じることがあります。

慣れの問題なのかもしれませんが、やはり使いやすさでいったらスマホやタブレットに劣るかなと。

別に最初の画面で多少動きが鈍いのはいいですが、読書中のマーカーなんかで遅いと少し嫌ですね。

せっかく調べた単語が自動で単語帳に登録される機能があるので、この遅さでありがたみ半減みたいなところがあります。

あと自分は気にならないのでいいんですが、マーカーの色が一色しかありません。(モノクロなので)

マーカーをガンガン引きたい人には向いていないかもです。

おまけは?

3か月のkindle無料体験がついてきます。

普通にkindleの無料体験に加入すると30日間なので、それだけでもお得ですね。

結論:kindle端末は悩むなら買いだ

もしkindle端末を買おうか悩んでいるのであれば、買うことをお勧めします。

絶対にあなたの読書体験の質を向上させてくれます。

ついでに言うと、カバーやフィルムは買わなくてもいいかなって感じです。

とくにカバーは、そもそも本体自体がカバーみたいな生地なので、わざわざつけなくてもいい感じがします。