なぜネイティブの英語は聞き取れないのか?アナ雪を使って考える

英語

あなたはネイティブの英語が聞き取れますか?

リスニングの音声は聞き取れるのに、ネイティブの会話は聞き取れない。

そこそこの高校で勉強した日本人は、そんな人であふれています。

僕の友達なんかは、TOEICのリスニングで、「あれ絶対オタク特有の早口だろ~」とか嘆いていました。(笑)

さてここで質問です。

あなたはネイティブの英語が聞き取れますか?

はい、聞き取れます、っていう人も気を付けてください。ネイティブの英語といっても何段階もあります。

まず教科書発音の信じられないくらい丁寧な発音。次に非ネイティブ向けの簡単かつ丁寧な発音。演説など、意図的にきれいな発音。アメリカ人同士の会話...。

レベルで分け始めたらキリがありません。

今回は、「自分ではそこまで発音できないけど、ネイティブ同士の会話も大体わかる」ぐらいのレベルを目指しましょう。

でも堅苦しい感じでやりたくないので、アナ雪を少し取り上げてやってみましょう!

アナ雪で発音を考える。

let it go

アナ雪を字幕で見た人、もしくは英語版の音楽を聴いたことがある人は、「レディゴー」みたいな発音をすると思います。

でも、そういう人でも、同じ部分が教科書に載っていると「レット イット ゴー」と言うと思っています。

別に通じれば必ずしもネイティブのような発音をする必要はないと思いますが、練習で発音していないものは聞き取れないんですよね。

では、本題に戻りましょう。

まず、単語の最後の子音。これが綺麗に発音されることは珍しいと思ってください。

発音されなかったり、次の単語の先頭の文字の影響を受けて発音が変わったりします。

ここでも、”let”の次の単語、”it”の最初の”i”の影響を受けて「ティ」みたいになるんですね。

更に、”t”というのは実はタ行の発音ではなく、ダ行のような発音になることが多いんですね。

また、”it”の”t”は先ほど言った、単語の最後は発音されないものが多い、という法則で発音されません。

だから、”let it”の部分、これが「レディ」みたいになります。

それに”go”が加わって、「レディゴー」みたいになるんですね。

また、”let it go”で注目してほしい点がもう一つあります。リズムです。

この曲、日本語だと「ありの~ママの~」ですよね。”let it go”はこの部分で二回歌われます。

つまり、「ありの~」で”let it go”なんです。日本人の「レットイトゴー」という発音だったら、絶対無理だと思いませんか?

つまり、英語は実際には、日本人が思うよりはるかに短い発音なんだ、ということが分かっていただけるかと思います。

the cold never bothered me anyway

こちらも同じ曲の歌詞の一部です。日本語版だと「少しも寒くないわ」のとこですね。

まず、一つお尋ねしたいのですが、この”the cold never bother me anyway”が頭の中でどのように再生されましたか。

頭の中で再生したら、それが大体どれくらいの長さか考えてみてください。

「少しも寒くないわ」と同じ長さでしたか?

おそらく違うと思います。

では、何かしら実際には発音されていない音がある、ということですね。

まず最初の”the”。これがほとんど発音されていないですね。発音されていても、かなり小さく短くです。

英語では、このように重要でない単語ほど発音が小さくなり、短くなります。

次に、”cold”の”d”。これもめちゃくちゃ軽く発音されています。

先ほど言った通り、単語の最後の文字は発音がなくなりがちです。

そして、”never”。

これもなかなか難しいですね。日本人なら必ず「ネバー」もしくは「ネヴァー」になると思います。

でもこれをそのように発音したら曲のリズムで歌えないですね。

この曲では「ヴァー」ではなく「ヴァ」みたいになっています。しかも次が”b”で始まるので、その「ヴァ」の音も存在感が薄くなっています。

そして最後のポイントが”bothered me”の部分。

ここは「ボザミ」みたいになっていますね。過去形の部分が発音されておらず、また伸ばし棒も全て消えるイメージです。

まとめ

いかがでしょうか。

なかなか完璧に発音するのは難しい思います。でも完璧に発音する必要はありません。

下手でも、こういう風に発音されている、というのを理解し、発音の練習をしていれば、リスニングがはるかに鍛えられます。

是非、頑張ってみてください。

ちなみにですが、今回扱ったアナ雪の音楽はYouTubeで聴くことができます。参考にしてみてください。