kindle unlimitedって入る価値なし?入った方がいい人は?

kindle unlimitedとは?

kindle unlimited とはご存じの通り、Amazonが提供する書籍の読み放題サービスですね。

ネットの記事なんかを見るとやたらおススメされていると思います。

でも実際のところどうなんでしょうか?

今回は実際に加入した経験のある僕が、加入すべきか否かお伝えしていきたいと思います。

kindle unlimitedの必要性

基本的には必要ない

正直に言います。

基本的にkindle unlimited は必要ないです。

ネットで検索するとおすすめする記事が大量に出てきますが、それは記事を見た人が加入したら広告料としてお金が入るから。

実際に入ってその恩恵を十分に感じている人は少ないと思います。

では、なぜ不要なんでしょうか。

読める本がイマイチ

正直なところ、読める本はイマイチなものが多いです。

数冊程度は有名なものがそろえてありますが、有名なものも中古で安く出回っているような少し前のものが多い。

ではそういうものが多いかというと、古典、性に関する本、雑誌です。

古典はそもそも購入しても安いものが大半ですし、性に関する本もどれも同じような内容のものばかり。

雑誌も最新のものではなく、大抵バックナンバーです。

何でもかんでも読みたいって人は別ですが、別に個別に購入すれば十分ではないでしょうか。

別に会費が安いわけではない

kindle unlimitedの料金は月額980円。

これだけ聞くと安いように聞こえるかもしれません。

でも注意してほしいのが、そもそも電子書籍って紙より安い場合が多いんです。

しかも読み放題対象のタイトルのほとんどは、980円以下で買えるか、せいぜい1000円程度。

つまりお得感を得るためには、2冊程度は1か月で読みたいわけです。

ここで質問ですが、月にどれくらいの本を読みますか。

そこそこの読書家でも、週に2冊程度という場合が多いです。

つまり月8冊程度。

8冊のうち2冊を、読み放題の中から毎月見つける自信がありますか?

でも、まったく不要というわけでもない

こんなことを書きましたが、誰もが不要かと言われるとそうでもないと思います。

読み放題になっているもので読みたい本がたくさんある方は当然入ればいいと思います。

雑誌も別に最新刊である必要がない場合が多いですしね。

どういう人なら入ってもいいんじゃないか、というのを次に紹介していきます。

何でもいいから大量に電子書籍で本を読みたい

正直なところ有象無象なタイトルの多いサービスですが、色んな本を読みたいというなら、その限りではありません。

とくに古典なんかは非常に有用ですしね。

雑誌も別に単体で買ったり、他のサービスで読んでもいいと思いますが、書籍も読めて雑誌も読めて安価と言われると、やはりkindle unlimited という風になるかなと。

あと意外と多いんですが、大人向けの本を読みたい方。

性行為の理論本とか、グラビアとか(知名度の低い方)、そういう系の漫画を読みたい方にはいいんじゃないでしょうか。

まぁ結局アマゾンに履歴が残るので、共用で利用してる方とかはやめた方がいいと思いますが。

英語の勉強をしたい

一番おススメできるとしたら、それは英語の勉強をしたい方。

洋書も数はそろってますし、TOEIC対策本とかも結構ありますし。

英語の勉強のための本って飽和してるからか、こういう読み放題サービスに降りてくることが結構あるみたいですね。

洋書についてもわからない単語とかが、すぐに調べられるので使い勝手はいいです。

kindleと洋書の組合せについては別記事を書きましたので、そちらもご覧になってください。

結論

必要か不要かは正直人それぞれだと思います。

読みたい本が結構あるなら入ればいいと思うし、そうでないなら不要かと。

まぁ最初の30日間は無料なので、無料体験していらないと思ったら辞めるのがベストかなぁと思いますね。