留学におすすめの国は?

留学・海外旅行

留学先ってどこにすべき?

留学先って悩みますよね。

自分の行きたい国にすべきか、それとも将来役に立つべきとこに行くべきか。

私は短期でフランスに留学に行きましたが、非常にいい経験になりました。

でも正直、フランスに決めるまではめちゃくちゃ悩みました。

今回は自分や友人の体験談をもとに、おすすめの国を紹介していきたいと思います。

おすすめの国

英語圏

アメリカ

超定番ですね。

アメリカの何がいいかっというと、世界のスタンダードの英語を学べるところ。

もちろんアメリカ国内でもなまりはありあますが、地域を選べばそのデメリットを減らせるを思います。

基本的にあまり安くはないですが、無難な選択肢でしょう。

またアメリカは観光地も多く、ニューヨークなどではショッピングも楽しめます。

なんだかんだアメリカって旅行の第一希望に挙がることは多くないので、留学で行くっていうのはアリだと。

カナダ

カナダは人気がありますね。

治安が比較的よく、暮らしている人も性格がいい人が多いらしいです。

生活費も他の欧米に比べたら比較的抑えらるという情報もあります。

ちなみにカナダ人の英語は綺麗で日本人にも聞き取りやすい印象です。個人差はもちろんあると思いますが。

ただし性質としてはアメリカ英語とイギリス英語が混ざっている部分があるそうです。

注意したのが選ぶ地域。

ケベック州を中心にフランス語が多くメインで話される地域があります。

英語留学で行ったつもりが、日常生活で英語を全然使えなかった、なんてこともあり得ます。

逆に、フランス語の会話を期待している人も要注意です。

カナダ人がみなフランス語ペラペラかと言われると答えはノーです。実際、フランスにフランス語留学してきていた人もいました。

しかも話せても訛りが強い場合もあります。

事前によく調べておきましょう。

オーストラリア

オーストラリアも人気ですね。

条件としてはカナダに近いところがあると思います。

ただオーストラリアの英語はどちらかというとイギリス式に近く、イギリス式とも違います。

そのためアメリカ英語を学びたい人には若干向かないかもしれません。

ちなみにオーストラリアの英語はオージーイングリッシュと言われています。特徴が気になる人は調べてみて下さい。

イギリス

上の3つに比べればイギリスに行く日本人は少ないイメージですね。

でも有名な大学がたくさんあるので、憧れている人は少なくないでしょう。

歴史ある街並みはアメリカなどとは違った趣が感じられると思います。

英語に関していえば、イギリス英語は特徴的ですよね。

イギリス英語はアメリカ英語よりも日本人に習得しやすいと言われています。

ただアメリカ英語とはかなり違う部分が出てくるので、短期留学や将来イギリスで暮らすことを考えている人にはおすすめですが、そうでない人は少し悩むかもしれないですね。

ちなみにですが、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学が超有名ですが、共に学生街でたくさんの大学があります。

名前も似ていて、日本でいうなら東京理科大学とか首都大学東京みたいな感じです。

調べるときに間違えないように注意してください。

マルタ島

これは穴場ですが短期留学におすすめです。

英語自体はなまりがありますが、短期留学なら問題にならないでしょう。

夏休みなんかに行けば、いいバカンスになると思います。

僕も一度行ってみたいなと思っています。

最近、日本ではセブ島が人気ですが、留学行くならやっぱりヨーロッパがいい!みたいな人におすすめです。

英語圏の中だと留学に必要な費用はかなり安い方です。

一度是非調べてみてください。

英語圏以外

英語圏以外への留学は結構おすすめです。

最近では英語を話せる人は珍しくなく、英語を学ぶ手段も格段に増えているんですよね。

そんな中でもう一つ話せると強みになるんです。

しかも他の国の人と会話したり英語の授業があったりで、英語力も多少は向上しますしね。

フランス

他の記事でも書いているんですが、フランス語は国際言語として結構つかわれています。習得するメリットは大きいでしょう。

観光に関しては言うまでもないですね。

エッフェル塔や凱旋門、ルーブルなどを抱えるフランスは、世界でも有数の観光立国です。

国土が広いので回り切れないほど観光地はありますしね。

そしてフランスはヨーロッパ主要国の中でも地理的に真ん中らへんに位置しているので、他の国にも観光に行きやすいです。

治安の面で心配の方もいらっしゃるとは思いますが、都心部や観光地以外ではこんなに酷くないですし、むしろ結構住みやすい地域もありますよ!

またフランスは農業国でもあるため、果物や野菜といったものが非常に安くで購入できます。

その代わり観光地周辺のものは結構高くつくので、旅行で短期で行くより少し長期で滞在する方がお得になるかもですね。

ドイツ

ドイツといえば世界有数の工業国ですね。

人間性的にも日本人に近いとよく言われます。

でも観光は?と聞かれると答えられない方、多いんじゃないでしょうか?

確かにドイツはエッフェル塔やビッグベンのようなランドマークは思い浮かばないかもしれないです。

ドイツはヨーロッパということもあり、街並みがきれいなんですよね。フランスなんかとはまた違った趣があります。

どうしてもヨーロッパの有名なところに行きたい!っていう人は、パリなんかもすぐに行ける距離にあるので問題ないと思います。

治安も比較的いいですし、海外に慣れていない方におすすめです。

スペイン

スペイン語といえば、話者が非常に多いことで有名ですね!

もちろん国によって話すスペイン語に特徴はあると思いますが、スペイン留学すれば大きなアドバンテージになると思います。

スペインについては詳しいことは知らないのですが、文化的な側面から見ても素敵な国ですよね!

料理もおいしいし、観光地も多いです。

国土も広めなので、長期滞在していないと周りにくいところにも行けるんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

英語圏以外の国に関しては少し個人的な趣味が出てしまいましたが、どれもおすすめの国です。

是非この記事を参考に色々考えてみてくださいね!