【アルバイト】銀座ルノアールのバイトってどうなの?評判、面接は?

大学生

銀座ルノアールとは?

ルノアールとは、シャノワールと双璧をなす大手喫茶店。

最近では様々なタイプのカフェも展開していて、実はミヤマコーヒーもその一つ。

しかし、ドトールやスタバなどと違って価格帯が高く、大学生にはあまり馴染みがないかもしれません。

でも一度は誰だってあこがれる喫茶店。バイトしたい人も多いはず。

今回は、ルノアールでバイトした経験から、バイトの実体験を交えて感想や面接対策なんかを伝えていければと思います。

バイトの感想

忙しい?

忙しいかと言われたら、正直そこまで忙しくないと思います。

一般的な飲食店に比べたら、どちらかというと暇な方。

もちろん、ルノアールにはお茶を配ったりするサービスがあるので、忙しくしようとすれば忙しくできると思います。

でも基本的には必要最低限の仕事はするが、そんなずっと働きアリのように働く、といった感じではありませんでした。

働いている人は?

働いている人は、はっきりいって様々。

店舗によって大きな差があります。

例えば、銀座などいかにも大人の街、みたいなところは社会人の社員さんやパートの方が多かった印象。

また地域の店舗をまとめるベースとなる店もやはり社員さんが多いです。

対して、池袋など近くに大学が多く学生が多い地域では若いバイトの人が多い印象でした。

ただ若くても結構大学生以外が多く、フリーターの方もいました。

マナーに厳しい?

マナーに厳しいかと言えば、厳しい部類に入ると思います。

でもそれは高級ホテルなんかには遠く及ばない形式的なもの。

ほぼほぼ行動・発言パターンが決まっているので、ただ型通りにやるだけ。

正直なところ、そこまで神経質になる必要はありません。

ただ巡回が結構あるようなので、手を抜いたらそのうちバレる危険があります。

真面目に型通りやっていれば全然問題ないんですが。

総合的に見て大変?

総合的に見たら大変ではありません。

むしろかなりいい部類。

有給はちゃんとありますし、給料も1分単位で出るようになりました。(まぁこれは守らなければ本当は違法なんですが)

さらに交通費は定期券内でも出ますし、シフトは毎週提出というのも大きいです。

少しネックがあるとすれば、客層に癖があること。

価格帯がやや高めなので、ドトールなんかより特殊なんです。

主な客層はビジネスマン。あと水商売の方が多い印象。

別にこういう方がトラブルを起こすとかいうわけではありません。

ただ少し騒がしくなると仕事に支障が出たりするのかクレームが入ったり、また水商売の方が面接なんかしてると会話の内容が不快に感じる方がいるんです。

正直これに関しては自分たちの問題ではないので、根本的に解決はできないんですが、人によってはストレスが結構たまるようですね。

ただこういうことを含めても平均したらいいバイトだと思います。

面接は?

面接というのはどこのバイトもそうですが、担当者によって大きく異なります。

自分の担当は結構気さくな方でした。

印象としてはルノアールだから特別な対策が必要ということはない気がします。

一般的によく聞かれる質問がほとんど。

やっぱり重視されているのは、印象は悪くないか、はきはきと受け答えできるか、最低限のマナーはなっているか、といったところです。

面接の対策に関しては別記事にまとめているので、そちらをご覧になってください。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は銀座ルノアールのバイトについてまとめました。

必要な情報があれば随時更新していきたいと思います。

お役に立てばうれしいです。