第二外国語って何がいいの?おすすめは?

大学生

第二外国語って?

あなたの通う大学に第二外国語はありますか?

第二外国語は名前の通り、英語以外にもう1個外国語を学びましょうねっていうやつです。

学習意欲の高い人にはありがたいシステムかもしれませんが、楽に単位取りたいって人には正直つらいですよね。

今回はおすすめの第二外国語について紹介したいと思います!

おすすめの第二外国語は?

楽に取れるのは?

正直、この言語だったら楽っていうのはありません。教員次第だから。

でもこれじゃ納得できないですよね。

強いて言うならスペイン語と中国語でしょう!

その理由は2つあります。

1つ目は、単純に学習者が多いから。大学のテストなんて真面目な人以外は先輩からの情報が大切になります。その時に同じ授業を取ってる人が多い方がいいよねってことです。過去問がなかったとしても教えてもらえますしね!

2つ目は、今までやったことと結び付けられるから。スペイン語は英語に近い部分があるし、中国語は漢字文化圏の日本人には学びやすいです。

将来役に立つのは?

第二外国語がかなり出来るのであれば何でも便利だとは思いますが、将来役に立つのは中国語、スペイン語、フランス語ですかね。

中国語に関しては説明はいらないと思います。

スペイン語、フランス語は実は使える人がとても多いんです。とくにフランス語話者はアフリカで人口が増加しているってだけじゃなくて、オリンピックなんかでも使われている国際言語です。

出会いがあるのは?

韓国語でしょうね、一番は。男女比で言ったらフランス語なんかも女子が多い気がします。ただ大体大学の男女比と変わらないでしょう。

韓国語に出会いが多いっていうのは、韓国ブームの影響でなんとなく取る女子が多いから。しかも韓国語を取る男子もそういうのが好きな人が多いので共通の趣味がもうそもそもあるっていう話です。逆にその話についていけないとしんどいかもしれないですね。

ただ韓国語の場合第二外国語でない場合も多いですね。

フランス語に女子が多い気がするのはパリとかのオシャレなイメージのせいでしょうか。ただフランス語を取る人は多くないので、女子の絶対数で言ったら中国語・スペイン語が多くなります。

で、結局どれ取ればいいの?

好きなのを取ればいいと思います。正直どれにしても大差ないです。

自分が興味ある言語とか、趣味に深く関わってる言語とか、あまり深く考えなくていいと思います。

だってどうせ大半の人は1か月でやったこと全て忘れますから。(笑)