大学生は1万円の服を変え!大学生が着るべき服とは?

大学生

大学生はいくらの服を買えばいいの?

あなたは普段、服にいくらくらいお金をかけていますか?

5000円っていう人もいれば、3万円っていう人もいると思います。

僕のおすすめは1万円くらいの服です。

もちろん、どんな服を買うかによっても変わります。

大体1万円くらいのものがいいと僕は考えています。

もちろんこれは目安で、もっと高いもの、もっと安いものでも、おすすめできるものは多いです。

それでも目安として、1万円くらいがちょうどいいと思うんですね。

今回は、なぜ僕が1万円の服をおすすめするのか、その理由を説明していきたいと思います!

1万円の服がおすすめな理由

自己肯定感が上がる

高い服を着ると自己肯定感が上がります。

高い服を着ただけだ自分は何もしていないのに、ですよ。

自己肯定感が上がると何がいいかっていうと、雰囲気がよくなります。他の人からの印象が良くなるんですね。

例えば、超ネガティブな人でめっちゃさわやかな人っていないですよね。

自分に自信がある人に人は惹かれるんです。

ただ、高ければいい、という発想だと、どんどん高いものが欲しくなって、高いものを持っている人がうらやましくなります。

高ければいい、という考えはあまり良くないので気を付けてください。

シンプルにおしゃれ、万人受けする

値段が高い服は当然おしゃれなものが多いです。

もちろん、安い服がダメっていうことではないです。

ただ高い服の方がデザインにも素材にも気を配っている分、いい物が多いです。

そもそもオシャレじゃない服をわざわざ高い値段で買おうって人はいませんからね。

では高ければ高いほどいいのかっていうと、そうでもありません。

高すぎる服は普通の人が着るには癖が強すぎる場合があります。

パリコレみたいなファッションショーとかを想像してみてください。あんなの普段着ていたら絶対浮きますよね。

要はデザインに凝りすぎて普段着には向かない場合があるんです。

しかも合わせるのが難しく、合わせる服に高いお金を出す、という悪循環に陥ります。

個人的には、おしゃれでありながら、どんな服にも合わせやすい服が最強だと思っています。

そこで安すぎず高すぎない1万円を目安にしたんです。

大学生の身の丈に合っている

街中でやたらにブランもので身の周りを固めてる人いますよね。

正直あれってどうなのかなーって思うんです。

もちろんめっちゃ金持ちならわかります。少し持つくらいならわかります。

でも金持ちでもないのに服や小物はブランドばかりなのは逆にダサいです、お金の使い方を知らないみたいで。

趣味で集める分には全然素敵だと思いますが、おしゃれだと思ってやるのは避けたほうが無難です。

そもそも高級ブランドは大学生なんかターゲットにしていないんですね。

大学生をターゲットにするようなブランドはもっと安いです。

1万円ていうのは、個人的にその中で真ん中くらいかなぁって思う価格帯です。

念のため言っておきますが、ブランドものを全く買うな、ということではないです。

財布やスマホケースみたいに、何十万とはしないものなら、ワンポイントとして最高だと思うので、そこは上手く調整しましょう。

生活を圧迫しない

友達にいるんです、1か月に何万も服にお金を使う人が。

その人は別にファッションが趣味なのでいいと思いますが、趣味でもないのに服にばかりお金を使うのはもったいないです。

だって、あなたのバイトの給料なんて、たかが知れているでしょ?

月に10万しか稼いでいないのに、毎月、服に何万もかけてしまったら、食費や交通費を考えたら残るのは、ほんのわずかです。

それなら旅行に行くなり、勉強するなり、自分のやりたいことにお金をかけたほうがいいですよ。

大学生は安い服着てるから対等にビジネスしてくれない、なんてことはないんですから。

ただあまりにも安い服を着ていてても先に挙げた理由でもったいないので、そこそこの服を買うのがいいでしょう。

じゃあどこで服買えばいいの?

個人的にはセレクトショップがおすすめです。

セレクトショップというのは色んなブランドの服を集めて売るお店ですね。

ただセレクトショップも、いいブランドの服は高くなります。

そこでおすすめなのがセレオリです。セレクトショップが自分のブランドとして売り出している服ですね。

ブランドものほど質は良くないですが、デザインなどが比較的良く、ブランドものより全然安いです。

ぜひ検討してみてください。

このことに関しては別記事で書いたので、そちらも参考にしてください。