【留学】よく聞くTOEFLって何?

大学生

TOEFLとは?

留学を考えているとよく耳にする単語「TOEFL」。

TOEFLとは、主に学生を対象にした英語試験です。TOEFLにもいくつか種類があるのですが、基本的にTOEFLというとTOEFL IBTのことを指します。

今回はそのTOEFLについて解説していきたいと思います!

TOEICとは違うの?

特徴は?

英語試験で最もよく聞くのがTOEICですね。

TOEICとTOEFLは大きく違います。

TOEICは、主に基本的な英語の能力からビジネスに通用するような英語を中心に試験が構成されています。そのため、内容もビジネスに関連するものの割合が多きいです。

こうした理由からTOEICは、企業で英語能力を評価する基準になりやすいですね。

対してTOEFLは、主に学術的な能力を測定する試験です。試験に出てくる単語も学術的な文章に出てくるものの割合が高くなります。

そのためTOEFLは海外留学をするための指標となることが多いです。

難易度は?

あくまで自分の主観ですが、TOEFLの方がかなり難しいです。

一番メジャーなTOEIC L&R Testsは、その名の通りリスニングとリーディングのみです。つまり、大学受験なんかと同じ構成なんですね。だから高校でちゃんと勉強している人だったら、高校生でも結構高得点が取れたりします。

TOEFL iBTテストはリスニングとリーディングに加え、ライティングとスピーキングのテストがあります。

これって両方とも日本人が苦手とする試験なんですよね。その理由は明確で、学校であまり本格的にやらないから。

まぁ指導できる先生が足りていないからなんで、しょうがないんですが。

でも苦手だろうがTOEFLを受ける以上はやらなければいけません。しかも凶悪なのが問題をリスニングで聞き取らなければいけなかったりするんです。

留学を前提としているから、留学しても困らないか試しているという感じですよね。

TOEICを留学に使えないの?

ほとんど使えません。

留学するなら必ずTOEFL?

大学などのシステムを使って留学に行く場合は、基本的には必ずTOEFLを受けることになると思います。

ただ例外もなくはないです。

例えば、短期で留学に行く場合。短期留学は迎える側としても、言語よりも文化を知ってほしいとか、大学の長期休暇の間のビジネスとしてとか、そういう場合が多いので気軽に来れるよう面倒な基準を設定していない場合が多いです。

あとはイギリスや非英語圏に行く場合。イギリス留学では、言語レベルの測定にIELTsというものを使う場合があります。非英語圏については、そもそも現地でも英語を使わないから不要って可能性があります。あまり見たことがありませんが。

企業なんかが独自にやっている留学とかは、ここでは扱いません。

難点くらいとればいいの?

TOEFLは各パート30点、合計120点満点の試験です。

非英語圏の大学でしたら、バラバラですが大体60点くらい取れば大丈夫でしょう。

英語圏の大学や超有名な大学だと80点以上求められることも少なくない、というよりほとんどです。70%近い得点率ということになるので、よほど英語が得意でないとなかなか厳しいでしょう。

正確な点数に関しては大学の募集要項を必ず見てくださいね!

受験料や日程は?

TOEFLは大体毎週の土曜日と日曜日に行われています。

土日でも行っていない日があるので、正確な情報はホームページを見てみてください。

受験料は235$です。大体2万5千円なので少し高いですね。申し込みが遅くなると高くなるので注意してください。

まとめ

いかがでしょうか。TOEFLについてザックリでも理解してもらえたでしょうか?

TOEFLは大きな試験なので、書店に行けばたくさん関連書籍があります。気になる方は実際に手に取ってみてくださいね!