コロナウイルスについて、知っておいてほしいこと

まずは正確な情報を手に入れよう

以前の記事でも書きましたが、私は感染症の専門家でも何でもないので、コロナウイルスに関し具体的な言及は避けたいと思います。

ただ、それでもとりあえず知っておいた方がいいと思うことを共有したいと思います。

情報源はNHKや公的なものに極力限定する

これが非常に大切だと思います。

公的機関からの発表はわかりずらい、そう感じる人もいるかと思います。

確かに、詳しい内容は細かい文章で書かれていたりして、あまり読む気は起きません。

ただ、誰にでも知っておいてほしい最低限のことは小さい子供でも分かるように書いてあるものが必ずあります。

必ずそれらを確認しましょう。

そして、公的なものから得た情報以外は基本あまり気にしない。

注意する必要があるのはTV。

一応、どっかの大学の教授みたいな人が出演している場合がありますが、一人の意見・考えだと教授レベルでも偏ってしまうもの。

時には、必ずしも正しくないことを言ってしまうこともあるかと思います。

そのために国で会議を開き、それを公表しているわけです。

NHKとか見ないし、わざわざ自分で調べるのもめんどくさい。

そういう人はLINEニュースを見てください。

コロナウイルス最新情報というものがあるはずです。

自分が確認している範囲では、基本的にここには海外のものも含めて公的機関の情報の発表による情報しか書かれていません。

デマについてもまとめられていて、非常に便利です。

こまめにLINEの情報を確認すると良いでしょう。

無闇に他人に情報を流さない

は?と思った方もいるかと思います。

これは個人の意見ですが、むやみに他人に情報を流すのはやめた方がいいです。

それがたとえ親切心であっても。

というのも、デマというのは最初の人を除いて、多くの場合、親切心で教えあった結果広がるもの。

twitterなんかで、コロナウイルスに関することをつぶやくのも避けた方が無難かもしれません。

この世の中、想像以上に読解力と記憶力は不正確な場合が多いです。

自分はこんなつもりで書いたんじゃないのに、間違った解釈をされたとか、間違った風に記憶されていたとか、そんなことばっかりです。

そしてそうしたことに限って広まってしまったりするもの。

十分に注意しておきましょう。

妙な安心感も不安感も持つべきではない

コロナウイルスについて知ったかぶりはしない

今、専門家がコロナウイルスについて色々しらべています。

なぜなら、コロナウイルスについてまだまだ未知な部分が多いから。

たまに私はこう思うんよと持論を展開する人がいますが、あまり知ったかぶりをするのは得策ではないでしょう。

少なくとも一般人よりコロナウイルスについて詳しい人が十分な情報を常にアップデートしてくれています。

もしあなたの考えていることが正しいんだと後々分かったなら、終息後に褒めてもらえばいいでしょう。

でも今、余計な知ったかぶりは良い影響がありません。

自分は全然何もわかっていないという、謙虚な姿勢でいましょう。

不安感も安心感も良い結果はもたらさない

不安をあおるようなことを言ってしまいましたが、不安にはならないでください。

だからと言って安心感を無駄に持つのも良くありませんが。

ほどほどの緊張感、ほどほどの安心感。

メンタルバランスが崩れると、往々にして結果は悪くなります。

より平常心に近い気持ちで、公的機関の発表に従うのが良いでしょう。

おわりに

色々な意見があると思いますが、とりあえず公的な機関の発表に従うのが良い。

これが私の意見です。

もちろん、公的機関が言ってることが常に正しいとは限りませんが、精度で言えば一般人のものよりは高い。

ただ、一つの機関の発表だと、スポンサーなどの関係で偏ってしまう可能性があるので複数の機関の発表を知るのがベストだとは思いますが、基本的には日本政府の発表に従っていればいいでしょうね。